<< 二コール・キッドマン | main | シュミレーション党首討論 >>

裁判員制度候補者

2008.11.28 Friday
0
     来年5月から実施される予定の裁判員制度の候補者へ「あなたは選ばれていますよ」という文書が、本日28日から徐々に届きます。一般人が裁判に参加することは一般論としては大いに結構です。でも、裁判員になるのに断るとイロイロと罰則があるとか、見るのも聞くのも恐ろしい写真を見なくてはならないとか、裁判で聞いたことを外にいってはならないとか、非常に怖い条件もついています。国民としてこれが不安なんですね。いままで、検察審査会制度で、起訴するかどうかを再審理する機関がありこれも一般の国民から選ばれていました。警察の盗聴が明らかなのに、不起訴にした事件があり、これは「起訴すべし」と声をあげたのは検察審査会でした。三谷光喜監督映画「12人のやさしい人たち」(?)でも面白おかしくまじめに描かれていますね。
    さまざま不安が強いなら一度立ち止まって延期する勇気も必要ですね。新しい最高裁長官は、裁判員制度実施と政権交代のために選ばれたなどと報道されていますが、強権的に参加させるというのは法律の趣旨ではないはず。国民の不安を取り除く最大限の努力を。
    裁判員制度を考える|-|-|-|-|by ネコスキイ

    スポンサーサイト

    2019.10.11 Friday
    0
      |-|-|-|-|-|by スポンサードリンク
       
      Others
      プロフィール サイト内検索
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      新しい記事 アーカイブ
      カテゴリ
      モバイル
      qrcode
      オススメ
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
      オススメ
      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
      クイーン
      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
      オススメ Others ムームードメイン
          

      ページの先頭へ