ミサイル攻撃は人道的介入か?

2017.04.10 Monday
0

    JUGEMテーマ:ニュース

     

     中国との首脳会談と同じ日に、アメリカはシリアへのミサイル攻撃を開始して世界を驚かせました。

     これにたいして、シリアの後ろ盾であるロシアや隣国イランは法的根拠がないと非難しました。

     日本は結果に対して「平和」への貢献(?理解できないが)として、一応賛成の側についています。

     また、ミサイル攻撃の根拠について問い合わせをするも、日米電話会談ではその理由についての説明はなかったとしています。

     アメリカは次いで、横須賀配備の空母を朝鮮半島方面にプレゼンスして、北朝鮮を挑発し、へたな真似をするとシリアと同じになるぞ、と言わんばかりです。

     

     今回、やはり、国連安保理決議なしの攻撃について大統領は国際社会のやり玉にあがるでしょう。その法的根拠を示さないならば、実は賛意も示せないのに、日本は賛意をしめすという無法ぶりを呈しました。

     北朝鮮の実験的な4発連続ミサイルの報道がすごくて、アメリカの59発のミサイル実践攻撃については当然視するかのようなちょっと静観的なマスコミにも憂いを表明します。

     

     リビア空爆や旧ユーゴ空爆などかつて「人道的介入」と称して爆撃してきたアメリカですが、トランプ大統領は、今回は化学兵器使用に反対した「人道的介入」とでも言いたいのでしょうか。

     ならば、シニカルな言い方をすれば、電通をはじめとした長時間過密労働で「カローシ」したり、中国人を「研修」と称してこき使うという非人道性について、「人道的介入」をしてストップすることも可能だという論理になります。

     つまり、トマホークで電通本社を攻撃したり、中国人派遣会社を爆破したりすることが可能だという驚嘆すべき論理になるのです。

     ところが、ここからわかることは、そのいわゆる「人道的介入」でもって、何か変わるかといえば、何も変わらないのです。ミサイル攻撃でシリアが戦争から解放されることも、長時間過密労働も、中国人酷使も変化なし。

     同じように、化学兵器使用についても、シリアの基地を爆破しようが、北朝鮮の化学兵器基地を攻撃しようが、オウムのサティアンを破壊しようが、「戦争」の根源をなくさない限り、必ず使用しようとする国やグルーブがでてきます。

     

     そういう点を、反省しないというのは歴史上の禍根を残し、悪しき先例ともなります。

     こういう独裁者を裁くには、国際司法裁判所の機能強化と同時に、国際刑事裁判所の強化とアメリカの条約加盟・批准が必要です。アメリカのシリアへの介入、北朝鮮への挑発に反対する運動を盛り上げるとともに、国連決議でアメリカを縛ること、アメリカ国内での反トランプ運動を高揚させましょう。

     そのためには、SNSの活用は必至です。

     

     

     

     

     

     

     

     

    平和問題・憲法9条|-|-|-|-|by ネコスキイ

    Russia moves to ban Jehovah's Witnesses as "extremist"

    2017.04.07 Friday
    0

      JUGEMテーマ:ニュース

       インターナショナル・ニューヨークタイムズの一面に、ロシアは「エホバの証人」を“過激派”として禁止する方向だという記事が掲載されています。

       その理由は、エホバの証人の父親が、アルカイダかISに関係しているという理由の模様ですが、詳しくは原文を読んでください。

       問題は、日本ではそのような関連はないかということです。

       日頃から、おとなしそうなご婦人方が、品よく布教されているのをみると、そんなアルカイダとかISなどと関係しているように見えないのですが、組織としてそうであるならば、日本でも禁止すべき活動ではないかと思います。

       

       現在、「共謀罪」なるものが喧々諤々で議論されていますが、「エホバの証人」は、当然その範疇に入る結社になってしまうでしょう。でも、違うということを証明しないといけないのです。

       個別の人格とは違うところにある「組織」!!

       それならば、この新法律案に引っかかります。もう少し、深く観察する必要があり、本当に心の開放だけの新興宗教として存在することを期待します。

       

      ............................................................................................

        The new york times international edition  friday,april,7,2017

       

          A dedicated pacifist who has never even held a gun ,Andrei Sivak discovered that his government considered him a dangerous extremist when he tried to change some money and the teller"suddenly looked up at me with a face full of fear."

        

         His name had popped up on the exchange bureau's computer system,along with those of members of Al Qaeda, the Islamic State and other millitant groups responsible for shocking acts of violence.

        

         The only group the 43-year-old father of three has ever belonged to, however, is Jehovah's Witnesses, a Christian denomination committed to the brief that the Bible must be taken literally,paticularly its injunction"Thou shalt not kill. "

        

         Yet, in a throw back to the days of Soviet Union, when Jehovah's Witnesses were hounded as spies and malcontents by the K.G.B., the denomination is at the center of an escalating campaign by the authorities to curtail religous groups that compete with the Russian Orthodox Church and that challenge President Vladimir V.Putin's efforts to rally the country behind traditional. often militalistic patriotic values.

        

         Last month,the ministry asked the Supreme Court to outlaw the religious organization and stop its more than 170,000

      Russian members from spreading "extremist" texts. The court began hearing the case on Wednesday.

       

         Extremism, as defined by a law passed in 2002 but amended and expanded several times since, has become a catchall charge that can be deployed against just about anybody, as it has been against some of those involved in recent anticorruption protests in Moscow and scores of other cities.

       

      ..............................................

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      宗教の時間でございます|-|-|-|-|by ネコスキイ

      推定無罪にできない政治家たち

      2017.03.23 Thursday
      0

        JUGEMテーマ:ニュース

         

         久々の証人喚問で面白く聞いています。まずは、参議院。

         

         生々しく密室で「100万円」を渡されたという事実が籠池氏から出てきました!

         しかし、小学校設立申請認可に政治的な力が働いたということについて、それは法的な証拠より、基準の規制緩和や法外なダンピングの事実という状況証拠が決め手ではないのか、と思います。

         でも、このままでは現在の訴訟手続きでは、証拠不十分で「推定無罪」という不条理な結果になりますので、何としても証拠を挙げないといけません。

         刑事的には明恵総理夫人が森友学園理事長室に入った証拠、たとえば室内に落下した髪の毛、渡した封筒の指紋採取などを捜査すればいいのではないかと思うのです。そこまですれば、封筒の中身について明恵夫人も白状せざるを得ないでしょう(そこまでしないと出てこないとは恥ずかしい限りですが)。

         

         

         自民党議員の質問は「恫喝」ですが、それは政権維持のための叫喚なのです。むしろ、その方が自民党がうさん臭い証拠なのです。共産党は安倍政権は脆いと評価したことがありますが、明日にも辞任会見があるかもしれませんね。

         

         ところで。

         新たな口利き疑惑の政治家名が出てきました!!

         北川、柳本、東氏です。北川氏は安倍内閣の一員、柳本氏は中曽根元総理の秘書の大看板があり、東氏は恫喝の効く名うての政治家です。

         それに直接ではないが松井大阪府知事を恨んでいる様子も明らかになりました。また、籠池氏の息子は日本会議から派遣された、山谷えり子議員の選挙スタッフです。

         こう考えると、内紛の解決に野党が駆り出されているように思います。「不当利得」を守る大義はない!と自民党が意気込んで証人喚問でブタ箱に追い払えという茶番劇にも見えます。

         

         名前が挙げられた政治家は、早く事実を明らかにしたほうが身のために良いと思います。

         

           籠池氏がんばれ!!

         

         

        日本政界への気合だ!|-|-|-|-|by ネコスキイ

        「『森友学園』の火薬庫」という記事

        2017.03.15 Wednesday
        0

          JUGEMテーマ:ニュース

           

           週刊新潮の記事には、川田という森友学園PTA役員が、政治家に“口利き”したという記事が出ています。

          本当かどうか。

           本命が、鴻池議員➡麻生副総理というラインであることで、それを暴かないためいろいろと策を練ったということです。鴻池氏が共産党に面談記録を渡し、記者会見したのもその一つなのでしょうね。

           

           元理事長の外国特派員協会での会見が延期されたのは、このことが原因なのかもしれません。

          佐川急便事件のような一大スキャンダルの様相を呈してきました。ただし、金儲けではなく教育勅語的な思想教育を推進するために金を出した、というような事件です。

           森友学園元理事長が怒り、その息子が面談記録が共産党に渡る!!ということに腹を立てるのも当然です。

           元府知事の橋下氏が小学校設置基準の規制緩和のミスを認め、デヴィ夫人が100万円カンパし、・・・・有名人がこぞって応援しているにもかかわらず、今になって、なんだ!!ということでしょうね。

           これは彼らのいうように、まさにトカゲの尻尾切りです。

           

           

          今そういうスキャンダルについて、菅野完氏が直接インタビューしている「ゆるねとニュース」が面白い!!    

          http://yuruneto.com/sugano-kagoike/

           

           

           

          P.S.

          ちょっとその前に、MEGA地震の兆候がある!!というのも気になるニュースです。

          政界と地殻の大変動があるかも。

           

           

          日本政界への気合だ!|-|-|-|-|by ネコスキイ

          朴槿恵大統領罷免 イタリア語新聞より

          2017.03.10 Friday
          0

            JUGEMテーマ:ニュース

             

            La Repubblica  http://www.repubblica.it/

             

            Corea del Sud: scontri in piazza dopo il sì della Corte costituzionale all'impeachment di Park

            Una vittima accertata. La procedura originata dal coinvolgimento nello scandalo partito dalla sua stretta confidente Choi Soon-sil

             

            dal nostro inviato ANGELO AQUARO

             

             

             

             

            Corriere della Sera   http://www.corriere.it/

             

            La notizia della destituzione, per effetto della sentenza di impeachment della corte costituzionale, della presidente Park Geun-hye ha provocato reazioni contrastanti in Corea del Sud e, in particolare, nella capitale Seul. Molti oppositori antigovernativi hanno festeggiato, stappando bottiglie di champagne e inneggiando alla liberazione. Lacrime invece tra i sostentiori di Park (Reuters)

            Foreign news|-|-|-|-|by ネコスキイ

            「教育勅語」の徳目は良くないのだ

            2017.03.09 Thursday
            0
              評価:
              森 喜朗
              日本経済新聞出版社
              ¥ 1,728
              (2013-06-04)

              JUGEMテーマ:学問・学校

               

               稲田防衛大臣の「教育勅語」徳目礼賛発言に注目があつまっています。

               森友学園の教育内容について、福島瑞穂議員の質問に答えて、徳目礼賛したことが問題になりました。

               

               自民党の諸君は、教育勅語には父母に敬意を払うとか兄弟仲良くするとか、こういう徳目は単純に良いという牧歌的賛辞を述べるかもしれません。そこに落とし穴があるのです。

               1948年に衆参両院で「教育勅語」廃止の決議をしているのですから、その礼賛は時代錯誤であり、稲田防衛大臣は戦後民主主義否定をしたことになります。国会を無視したことになります。

               歴代の自民党の見解も実は、同じであって、稲田防衛大臣だけの見解ではないということが今、重要になっています。

               たとえば、第147回国会衆議院決算行政監視委員会(平成12年05月22日)でも、あの森喜朗総理の「神の国」発言を受けて日本共産党の志位議員は、 旧文部省の『国体の本義』を紐解いて父母兄弟などの徳目は天皇(絶対主義的天皇制)への「忠」にあり、それ単独ではありえないと解説していることを挙げています。

               この質問を受けて、当時の森首相は「忠」との関係での「徳目」の是非について明言をさけていますので、今回の稲田氏と同じと言わざるをえません。

               決議の趣旨についても当時の文教委員長が、「忠」から独立した「徳目」ならば良いが、「教育勅語」の「徳目」は「忠」から独立していないと述べていますから、「教育勅語」については完全否定されているのです、しかも約70年も前に。

               しかも稲田氏らは、森友学園理事長のようにはっきりと教育勅語復活を唱えないのですから、観念論であることを認めないマッハ主義とおなじで、観念論最高とするバークリ僧正より悪い政治家に成り下がっています。

               

               

               正確には、詳しくは委員会の議事録をご覧くださいませ。「教育勅語」は明治神宮本殿でも配布されています。

               

               

               それにしても、政治と金、口利きについての追及が弱まり、こういう理念論や森友学園自体の不正暴露へと焦点が広がっているのに危惧を抱きます。教育理念論について議論することは別にして、国家予算が不当にダンピングされ、国民の財産を食い荒らされていることについての政治家(国民の代表者と言われる)の関わりを予算委員会で議論するのが筋です。

               森友学園理事長が、疑惑に口を閉ざし教育論・国家論を議論しろ!という強弁に負けないようにしてほしいと思います。

               



              ps

               やっと自民党内からも批判があがり始めました。しかも、文教族の船田元議員です。下記のホームページへ。

              http://www.funada.org/funadapress/


               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              平和問題・憲法9条|-|-|-|-|by ネコスキイ

              北朝鮮への武力行使決定か!?

              2017.03.02 Thursday
              0

                JUGEMテーマ:ニュース

                 

                 ウォール・ストリート・ジャーナルによると「北朝鮮による核兵器の脅威に対応するため、トランプ米政権が武力行使や政権転覆などの選択肢を検討していることが分かった。政権内部の対北朝鮮戦略の見直し作業に詳しい関係者が明らかにした。」と報道されています。

                 これは、新たな朝鮮特需を生むか、リスクオフを生むか?

                 いずれにせよ、状況証拠として金正男暗殺という危機的状況が現実としてあり、今年の3月1日から演習が強化されているようで、注目に値する地政学的要素です。

                 

                 そこで、注目されるのが、日本の集団的自衛権の行使です。

                 これはすでに閣議決定された内容ですので、「行使」できる内容なのです。

                 米軍が攻撃されれば、一緒に攻撃するという権利、というか軍事的自由というべき内容です。

                 これで、マツコの言う「時代閉塞の状況」は一見解決されるかもしれません。

                 また、ほんとうにOut of Time in North Koreaか?

                 安倍総理の不利的状況逆転とトランプ大統領の「強いアメリカ」プロパガンダのために、北朝鮮は絶好の餌食となるでしょう。

                 

                 しかし、

                 すわ。

                 日本国民にとっては、弱者にとっては大変なことが起こっています。

                 ついに、ついに。

                 

                 大阪私学・国有地事件(「アッキード事件」と山本太郎氏は言うが)で安倍政権が打倒されたとしても、この新安保法制は自民党・公明党が政権を握る限り、自衛隊が戦争に行き北朝鮮人を殺害し、日本人に意味のない犠牲を強いることになります。

                   日本人の思想の自由、言論の自由も封殺されるでしょう。

                 

                 何事があっても人を殺めることの罪性を説いたトルストイや与謝野晶子の思想がいま試されます。

                 そして、その後の平和憲法擁護の不断の運動が試されるときです。

                 

                 戦争反対で世界の人々は団結しましょう。

                 Unite!   The people of  all the land

                 

                 

                世界政治を語れば|-|-|-|-|by ネコスキイ

                長生きは抵抗運動である!!

                2017.03.01 Wednesday
                0

                  JUGEMテーマ:スポーツ

                   

                    この頃 都に流行るもの

                    不倫に不義に 偽政治

                   

                   若人は都に憧れる

                   長時間過密労働でもいいのか?

                   最初からもう田舎に憧れる都会の青年

                   なんにもなくていい 君がいれば

                   そういう時代にパラダイムシフトしている

                   覚醒せよ!

                   電通の若者が犠牲者になった

                   見よ!

                   ピコ太郎のなした技を

                   ネットで世界を席巻したのだ

                   別に都会でないといけない理由なんて

                   ないのだ

                    

                   偽政治にそれは理解できない

                   

                   老人は老人なのか?

                     iPS細胞移植で一石を投じた快挙

                   パラダイム転換

                   弁証法がまた証明された

                   長生きすれば、医療が儲かるのだ

                   福祉社会論を狭義から広義に

                   長生きは抵抗運動だ

                   社会を進歩させる

                     金がかかるから死んでほしい?

                     いや、金を使って生きてほしい

                   

                   偽政治にはそれは理解できない

                   

                   為政者よ

                   裸の王様はやめよ

                   小島よしお、ハリウッド・ザ・コシショウ、とにかく明るい安村、アキラ100%

                   裸四天王のように裸になれ

                   

                   答えは風のなかにある

                   

                   

                   

                   

                   

                      

                   

                  科学はだいじだよ|-|-|-|-|by ネコスキイ

                  暗殺と明殺

                  2017.02.16 Thursday
                  0

                    JUGEMテーマ:ニュース

                     

                     

                     また暗いニュースが飛び込んできました。

                     金正男氏が“暗殺”されたというニュースです。

                     暗殺とは、だれの指示によるか不明のまま殺害するという殺人行為です。

                     今回の暗殺は北朝鮮の金正恩氏の指示によるものと情報機関によって推定されています。

                     捜査は警察に任せるとして、これは独裁国家のかつてからの手口でありました。

                     

                     『山猫は眠らない』という映画では、アメリカ情報機関の命令で中南米の指導者を狙撃して暗殺するという手口でした。

                     今回は「毒針」!!

                     毒をかけるふりをしたらどんな反応になるか「人間モニタリング」です。

                     少し早いですが、今年の流行語大賞でも狙っているのでしょう(笑)。

                     

                     冗談はさておき。

                     

                     アメリカ大統領令がトランプ氏当選でクローズアップされていますが、ウサマ・ビン・ラディン氏殺害はオバマ全大統領の指示でなされたことは記憶にあると思います(ビン・ラディンに対する襲撃シーンまで大統領やその周辺がライブ中継で見ていたというから驚きです)。

                     ただし、ビンラディン氏は911同時多発テロの犯行声明を出しているとしても、本当にそうなのかどうかの検証・裁判もなしに殺害されました。

                     これは、だれの指示か不明の暗殺ではなく、はっきりとした命令者のもとで行われた「明殺」なのです。

                     

                     暗殺が非難され、それを行う国家が恐ろしいと考えるは人情でしょう。

                     しかし、「明殺」が行われ、それを支持する国民がいるという国家は、本当に正常かどうか。

                     今回の事件で、今一度、考え直したほうがいいと思います。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    世界政治を語れば|-|-|-|-|by ネコスキイ

                    マツコの「時代閉塞の状況」

                    2017.02.07 Tuesday
                    0

                      JUGEMテーマ:ニュース

                       タレントのマツコ氏は、ある番組で、

                      「男性保育士による女児の着替え問題やアルバイトの病欠罰金問題、音楽教室からの著作権料徴収問題などが取り沙汰される現状に『もうみんな限界に来てるんだろうね、いろんなものが』と閉塞(へいそく)感を指摘し、根本的な議論が必要だと私見を述べた。」

                      と報道されています。

                       

                       

                       この時代感覚は多くが共有できる感覚だと思います。

                       国債で大学の授業料を無償化することと抱き合わせに憲法「改悪」に持ち込もうとする自民党の思惑も、この時代閉塞の状況を表現していると思います。

                       

                       マツコ氏がこの教育の無償化についてどう考えているかについての言及はありませんが、「根本的な」議論として税金の議論をあげていることには共通するものがあります。

                       もっと多くの国民が「人殺し」でない税収のあり方や支出の方法をある程度の良識をもって議論してほしいものです。

                       毎年の脱税摘発額が300億円とか、タックス・ヘイブンに1年分の国家予算があるとか、特別会計に自由にできる埋蔵金が眠っているとか、法人税が少なすぎるとか、そういう具体的議論が積み重ねられてもいいと思うのです。

                       国債といえば、日本の国債もそうですが、昨今話題の「為替操作」でアメリカ国債の100兆円が買われているという事実とかは是非、池上彰氏とマツコ氏との対談などでいじっていただきたいと存じます。

                       

                       そうだ!! 池上彰VSマツコ デラックス対談 なんていう企画も面白いと思います。

                       石川啄木は『時代閉塞の状況』で日本の先行きを憂いましたが、マツコ氏の感覚でぜひ最近の閉塞状況の問題を提起してほしいと考えます。

                       www.aozora.gr.jp/cards/000153/files/814_20612.html

                       

                       

                       

                       

                      文学ディスカシォーネ|-|-|-|-|by ネコスキイ
                       
                      Others
                      プロフィール サイト内検索
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>
                      新しい記事 アーカイブ
                      カテゴリ
                      モバイル
                      qrcode
                      オススメ
                      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
                      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

                      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
                      オススメ
                      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
                      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
                      クイーン
                      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
                      オススメ Others ムームードメイン
                          

                      ページの先頭へ