トルストイに学ぶ  崟鐐茲畔刃臓廖1

2017.01.05 Thursday
0
    評価:
    ---
    NHKエンタープライズ
    ¥ 11,244
    (2017-03-02)

    JUGEMテーマ:読書

     

     トルストイの『戦争と平和』は、これを読まないで文学は語れないほど世界的影響の強いものはないでしょう。

     2017年からは多くの文学から人生の深淵や人間性の矛盾について現代的に考えていきたいと思います。

     

     

      慇鐐茲畔刃臓戮ら 

      もともと、「戦争と民衆」などというテーマで書こうとした形跡があるくらい、支配者から末端の被支配者までの登場人物を克明に記してあるリアリズムの権化です。ちょっと長いですが、長い人生の座右の書になるのは間違いないです。

     この小説のテーマはずばり、戦争に振り回されるのは民衆であり、その犠牲になるのはまた民衆であるということです。戦争のない社会と戦争を胎蔵する社会にも当てはまると思います。

     現在の社会が、さまざまな制約を孕みながらもトルストイの社会と決定的に違うのは女性が多く意見をもち主張していける社会が実現している点です。

     アリストパネスの『女の平和』は、セックス・ストライキで男の戦士を骨抜きにするという戦略で平和を実現しようとします。

     現代社会では、たぶん金融資本家ストライキ戦略で戦争させないことが重要になっているのではないでしょうか。

     しかし、戦争で儲けようとする輩が徘徊する限り、戦争はなくなりませんね。このことを深く考えているのは、管見ではありますが、マルクス以外あまり見当たらないのです(マルクスとマルクス主義者とは違いますね)。

     近年流行のアードラーやハンナ・アーレントなどもその流れではありますが、本質的な戦争消滅論になっていないような気がします。

     『戦争と平和』にも、戦争否定論を元元帥の老ボルコンスキーに語る理想主義者が出てきますが、否定の主体や必然性について語っていません。ヒューマニズムから語る時代はこの時代で終わりにして、それを乗り越えて具体的に戦争を終わらせる工夫の数々を民衆一般まで浸透させる必要があります。

     

     

     

     

    トルストイに学ぶ|-|-|-|-|by ネコスキイ

    Children in porverty

    2017.01.05 Thursday
    0

      JUGEMテーマ:ニュース

       

      Note the following underlined passage!!

       

       

      From THE JAPAN TIMES  THURSDAY,JANUARY 5,2017  "national"

       

      HEADLINE

      "New education initiatives aim to supprot low-income famillies

      Children still struggling to break out of poverty cycle"

       

       

      PART OF ARTICLE

      " It was when Hyungsik Lee entered the prestigious University of Tokyo that realized Japan's social stratification.

      Having grown up in one of dozens of municipal government-run houses for low-in-come households in Hyogo Prefecture,poverty used to be part of his daily scenery.

      On the way to his local elementary school were dwellings with homeless people where he saw a man who froze to death taken away by an ambulance.

      At school,about half of his classmates were from single-parent households with financial difficulties.

      Some dropped out of high school,while some were sent to juvenile detention centers for committing crimes,he said.When Lee,26,thanks to his education-minded mother,went on to enter the nation's top university,many of his local friends were working factories or fast-food chains.

      Coming from such an environment ,it was shocking for him to find out that many students he met on campus were from wealthy hoseholds,where going to college was the norm.

      According to the university's 2014 data,54.8 percent of its students were from households with more than ¥9.5 milion in annual income."

      Foreign news|-|-|-|-|by ネコスキイ

      2017年の抱負

      2017.01.04 Wednesday
      0

        JUGEMテーマ:ビジネス

         

         今年のブログの目標は、

         1.ブログのカテゴリーを増やす

         2.英語等のブログを増やす

         3.文学系のブログを増やす

         

         いやあ、

         昨年末の紅白で紅組が勝とはねー!?

          司会の有村架純さんも驚いていましたね。

         そのあとのCDTV(まだやっていたか)の司会はピコ太郎で、今年一番歌われていた曲は星野源の「逃げ恥」テーマ曲。

         軽快で良い曲だと思いましたが、歌詞の意味が理解しづらいのがやや難。でも、恋ダンスは日本では日本ではよく踊られたのではないかと思います。ケネディ駐日大使が踊ったことがニュースになりました。

         こういうのは政争とは関係なしに踊れるのがよろしいのです。

         暖かい正月になっていますが、何を暗示しているのでしょうか。大発会では大きく株価を上げましたが、これは予測相場であってファンデメンタルの良不良によるものではないように思います。

         今年も、政治経済、歴史、芸能、各種の運動に注意を払いながら、生きていくようにしましょうね。

         

         

         

        日記だょん|-|-|-|-|by ネコスキイ

        アメリカは最大の敵だったのか?

        2016.12.28 Wednesday
        0

          JUGEMテーマ:ニュース

           

           真珠湾での安部氏の演説は、「詩的」だったとのもっぱらの噂です。

           その中の演説で「最大の敵」がもっとも仲良くなれると主張しています。

           

           が、果たして「最大の敵」がアメリカだったのかは誰しも疑問に思うことでしょう。

           15年戦争では、敵として侵略したのは中国であり、その侵略の「邪魔」したのがアメリカ・イギリスだったので開戦に踏み切ったというのが戦争主義者の言い分だったはずです。

           また、戦争反対論者も「敵」に回し、牢獄に入れてきたのではないでしょうか。

           

           安部氏の独特の同盟深化論に、"最大の敵は最大の親友論"という巧妙に仕組まれたレトリックが使われています。

           もし、この親友論が正しければ、中国とも日本共産党とも最大の友になれるはずなのに敵対しています。

           

           国民は「詩的な」言い回しに騙されないようにしましょう。

           オタガイノ、タメニ

           

           

           

           

          世界政治を語れば|-|-|-|-|by ネコスキイ

          映画「この世界の片隅に」を絶対見るべし

          2016.11.30 Wednesday
          0

            JUGEMテーマ:映画

             

             この映画は他の人と一緒に観ると恥ずかしいくらい泣けるアニメ映画です。

             「君の名は。」「聲の形」「この世界の片隅に」と並べて、今年のアニメ映画の「3K」というらしいですが、どれも同列に並べられないくらい素晴らしさがあります。

             とくに、「片隅」は、近い将来、「蛍の墓」と並び称される戦争犯罪告発映画となるでしょう。

             

             のん(能年玲奈=「あまちゃん」の主人公を演じた女優)のノウテンキな口調と戦争の悲惨さとが綯交ぜになって、よじれるほどの悲しい感情を表現しています。

             

             戦時下の限られた“楽しい”生活から一転、右手を失った生活にもかかわらず、嫁という封建的しがらみのなかで、明るさを維持しつつ懸命に生きる姿に、現代人も通じる感情があります。

             取材と表現が綿密なので、見終わったあとで、あっこれはアニメだったと改めて思いました。

             

             よくぞ、こんな映画を作ってくれたとプロデューサーや監督、原作者のこうの史代さんに感謝いたします。

             クラウドファンディングという寄付金集めについても新たな映画製作の力になると思い知らされました。

             

             

            p.s.

             やはりというべきか。

             2016年キネマ旬報日本映画第1位となりましたね。

             アニメとしては「となりのトトロ」以来らしいので、今後の期待も大きいですね。

             こうの史代さんの原作の歴史に対する的確性と庶民感覚が功を奏していました。

             

             

             

             

             

            映画談義のパラディソ|-|-|-|-|by ネコスキイ

            トランプ氏ですか。

            2016.11.11 Friday
            0

              JUGEMテーマ:ニュース

               アメリカ大統領選。

               アメリカの“主要”新聞がクリントン氏当選を支持していたのに、ふたを開けるとトランプ氏が実質当選という結果になりました。

               得票数は少しクリントン氏が多かったようですが、各州のほとんどが総取り方式を採用しているため、選挙人の獲得数が上回ったためトランプ氏になったのです。

               これが民主主義というべきかどうかは別ですが、日本でも「小選挙区制」という総取り方式があるので、笑えません。

               

               今回の争点はたぶんアメリカ国民をほんとうに守れるかどうかということだったのでしょう。

               日本の米軍基地を撤退すれば、アメリカの負担は減ること間違いありません。

               トランプ氏はTPP反対なので、アメリカを支えにやってきた日本政府は困り、強行採決は茶番化しました。

               株価は急激に下がりましたが、その反対にV字回復して先行き不透明の様相を呈しています。

               

               これからどうなるのか?

               多くの人々は不安を抱えつつ暮らしているのが本音ではないでしょうか。

               ブレグジットに続く、トランプショックは当面続きますが、株価や為替はどちらに転ぶかはファンデメンタル次第です。

               木村太郎氏が当てた!と喜んでいますが、多くの人たちは分かっていた事件ですよ。

               

               

               

               

              歴史さんぽりーの|-|-|-|-|by ネコスキイ

              TPPとPPAP=TPPAP?

              2016.10.25 Tuesday
              0

                JUGEMテーマ:ニュース

                 

                 ダイ語が流行ったかと思えば、PPAPなるものがアメリカのビルボード100位以内に入るという“快挙”がなされたとニュースで盛んに報道されています。

                 ペン・パイナップル・アップル・ペンの略で、ピコ太郎という芸人がYOUTUEBEで流した“芸”または“歌”です。

                 これは、一種の英語の『山本山(やまもとやま)』で、上から読んでも山本山、下から読んでも山本山というノリの宣伝か、かつての相撲取りの名前のような回文に近いものです。

                 へんてこなので笑ってしまいますが、無駄を極限までそぎ落とした鋭い芸、とまで賞賛または揶揄されています。

                 どちらが正しいのか、売れたら正しい芸能界としては、「正しい」芸ということになりますね。

                 

                 

                 一方で、政治の世界では、TPP(トランス・パシフィック・パートナーシップの略)の審議に手こずっています。アメリカでは雇用を守るために反対が優勢をしめています。日本では、農業を含めた産業が盛んになると盛んに喧伝されそうかなぁと国民は考えています。

                 ともあれ、こう三文字英語で書かれるとその説明から入らないといけないので、わが国民は困ってしまいます。

                 ダイ語にも近いのですが、パスカルの論文などには、数学の証明ができたときにQ.E.D.などと三文字英語(ラテン語)が記されています。昔から、ダイ語に近い言葉は多用されてきたのではないとおもいます。

                 

                 今回もPPATはどうもTPPと一寸似ていて非なるものですが、両方、つまらぬ簡単な英語で世界を席巻しようとしています。

                 笑いの治癒法というものもありPPAPも少しは役に立つものと信じてやみません。

                 TPPは相対主義的にはなんとも言えないですが、ある種の観点からは反対論の方が優勢と考えます。

                 

                 

                P.S.

                   ところで、ペン・パイナップル・アップル・パイの部分のリズムが、モーツァルトの「キラキラ星変奏曲」のリズムなのに気づいた人はいますでしょうか。

                 きら・きら・ひ・かる のリズムはPPAPと同じです。そのあとも、すべてPPAPのリズムで歌えます!!!

                 ピコ太郎の音楽性はそういう深さと世界性にあるため、受けたとみることもできますね。

                 

                 

                 

                 

                 

                笑いがイチバン|-|-|-|-|by ネコスキイ

                ングギ・ワジオンゴの夢

                2016.10.13 Thursday
                0

                  JUGEMテーマ:読書

                   

                   ングギ・ワジオンゴ氏。

                   今年はノーベル文学賞の第一位に予想されています。

                   村上氏は2位予想。文学賞はとかく「抵抗者」に与えられがちになっています。

                   その方向性から行くと、やはりケニアのングギ・ワジオンゴに与えられそうです(間違っていたら御免)。

                   だだ、どういう活動をしてきたかがあまり日本に伝わってきません。ネットでも、著名なアフリカ独立運動家3人分を文学で一人でやりあげた人というくらいです。

                   一度だけ彼の講演を直接聞いたことがあります。また、その後、直接会って挨拶した記憶があります。

                   そのとき、政府の弾圧にあって腕や足に傷があるところを見せていただきました。

                   あの時なぜ、政府がこんな普通な人を傷つけるほど弾圧するのか、意味が分かりませんでした。

                   まだ、自分が政治的にも精神的にも成熟していない時期だったのでしょう。

                   『Burning Grass』(英語版)、『一粒の麦』などを読んでももう一つ意味が分からないかつての自分でした。

                   

                   あれから三十数年余、こんなノーベル賞候補になっているなんて夢にも思わなかったです。

                   蔵にしまってある図書をまた引っ張り出して、読んでみてみなさんに報告しますね。

                   

                   

                  P.S.

                    ・・・君とよくこの店にきたものさ

                      わけもなくお茶を飲み 話したよ

                      学生で賑わった この店の

                      片隅できいていたボブ・ディラン (ガロ『学生街の喫茶店』)・・・

                   

                   現代の吟遊詩人ボブ・ディラン氏がノーベル文学賞を受賞したと聞いたとき、電気ショックが走りました。

                   しかし、ムベなるかなでもありますね。賛否両論ありますが、文学賞のフィールドが広がったと言わざるを得ません。

                   選考委員も若くなったのかもしれませんし。

                   この調子なら、ラップなんかもノーベル文学賞になりそうです。文学賞を目指す人は少し軸足を移して考えてみるべきでしょう。

                   ケニアのングギ氏もシリアのアドニス氏もいいですが、日本国憲法9条の歌もいいと思います。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  文学ディスカシォーネ|-|-|-|-|by ネコスキイ

                  世界一への執念と少数派

                  2016.09.27 Tuesday
                  0

                    JUGEMテーマ:ニュース

                     

                     安倍首相の臨時国会所信表明の最初の言葉が、民進党代表・蓮舫氏への当てつけのような言葉でした。

                     しめくくり演説でも挙げられた蟹かまぼこが世界のトップシェアを誇るようになるまでの道筋は、NHKの「プロフェッショナル」のような苦難の道があっただろうと容易に想像できます。

                     しかし、こういう問題は、どの点からみて、トップとか一位という評価が与えられるかが問題です。

                     SMAPの歌にもあるように「NO.1にならなくてもいい、もともと特別なONLY1」というのは、評価軸が違うところからきています。

                     安部氏の表明は、当然ながら2020年オリンピック・パラリンピックを見据えての発言でしょうが、それを経済分野のシェア一位にすり替えた発言だと思うのです。

                     科学技術も一番に発見しないと最先端には行けませんが、だからと言ってそれがシェア1位を獲得するとかとは関係がありません。

                     

                     振り返って、軍事費1位とか、核兵器保有数1位というのは良いことがどうか。

                     「幸福度」ナンバーワンというのが先進的なのかどうか。

                     これは「多数」ならば正しく、「少数」ならば間違っているという考え方に近い、過去の過ちです。つまり、なしてはならない歴史上の汚点なのです。

                     

                     今回、自衛隊や海上保安庁についての演説をしているときにスタンディング・オベーションだったことがニュースになり、それが素晴らしいとか、反対に恐ろしいという評価が下っています。「人殺し」予算と発言した共産党幹部への批判としての群衆心理がここにも表れています。国会はかなり危ないことになってはいないか、国民は相当チェックする必要があります。

                     この事態について、かつてのファシスト党や現在の北朝鮮を思い浮かぶ筋もありますが、この「少数・多数論」を歴史上の教訓として議論すべきときが来たのではないかと思います。

                     そして、それが現代民主主義を論ずる上で中心点として本質的議論がなされる問題なのです。

                     

                     

                     

                     

                     

                    日本政界への気合だ!|-|-|-|-|by ネコスキイ

                    来年はロシア革命100周年

                    2016.09.20 Tuesday
                    0

                      JUGEMテーマ:学問・学校

                       

                       来年はロシア革命100周年であることを最近ふと気づきました。

                       ロシア全史を学習するなかで、あっそうだ、と気づいたわけです。

                       

                       アメリカ独立革命、フランス革命は盛大に祝いますが、このロシア革命は一体だれが祝うのでしょうか。

                       ロシア革命は「社会主義」革命と言われますが、実態はレーニンが言うように、労働者権力と電化ぐらいしか手に入れていないような状況だったのです。そういう脆弱な状況の中で「革命」を守るために反政府勢力等とのたたかいが5年以上続き、レーニンからスターリンへと最高権力が受け継がれ、「社会主義」独裁国家として世界に君臨し続け、資本主義の盟主であるアメリカとの死闘で権力をさらに強化されて1990年まで続きました。

                       そのソヴィエト政権は73年間“栄えて”ついに崩壊、ロシア共和国に変化します。

                       『悪の権化』『巨悪』とまで言われて続いた国家の建国を祝うのは、「社会主義」革命の瞬間への未練がある人々でしょう。

                       レーニンまでは良い、スターリン以降は悪い。と区別すれば、祝福できるかもしれません。

                       しかし、レーニンも所々間違いの点があり、決定的にマルクスの理論とは食い違っているという議論もあります。

                       

                       ツァーリ政権の民主勢力弾圧と戦争動員、その帝政ロシア崩壊後の政権が戦争を継続することへの猛反発、これらが次なる政権・ソヴィエトへの人民の期待を生み、そのエネルギーが「社会主義」政権を生んだのです。

                       他の政党は暴力主義へと転落し自滅したため、選びようもなかった当時の状況もありました。

                       とにかく、戦争による人心の荒廃や経済の混乱の中で、人々にとって「社会主義」政権は一条の光輝に見えたはずです。

                       

                       祝うとしたら、アメリカ独立革命、フランス革命、パリ・コンミューン革命へと続く、民主主義への革命と、戦争終結・民族独立の3点セットという点から祝われるでしょう。

                       各国の共産党や社会党などはある程度祝うでしょうが、諸手をあげてお祝いし難い「革命」ではあります。

                       祝うかどうかは別として、来年は、相当、「社会主義」論の議論が多発するでしょう。

                       

                       

                      世界政治を語れば|-|-|-|-|by ネコスキイ
                       
                      Others
                      プロフィール サイト内検索
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>
                      新しい記事 アーカイブ カテゴリ
                      モバイル
                      qrcode
                      オススメ
                      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
                      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

                      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
                      オススメ
                      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
                      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
                      クイーン
                      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
                      オススメ Others ムームードメイン
                          

                      ページの先頭へ