人間的認識の矛盾 = 認識のてこ

2009.07.16 Thursday
0
    評価:
    エンゲルス
    新日本出版社
    ¥ 1,785
    (2001-09)
    コメント:どれがエンゲルスで、どれがデューリングなのか。でも、内容を分析すると鋭い哲学があります。批判の中に主張が隠れていますよ。見つけ出してください。

    エ=エンゲルス、 デ=デューリング

    エ「世界体系の総関連を余すところなく認識しようとするが、・・いつになっても完全には解決できない」矛盾は、「いっさいの知的進歩のおもな梃子」であって「人類の無限の進歩的発展のなかで解決されていく」。

    デ いや、科学の最後の諸課題を解決したのだ(!!)   純粋数学全体も、アプリオーリに、頭の中からつくりあげることができる。数と図形も。
     
    エ しかし、数と図形の概念は、現実の世界からとってきたものである。なぜなら、「10本の指」で数えたから。さらにその前に、「数えることができる対象」「こうした対象を考察するさいにその数以外の残りのすべての性質を捨象する能力」も必要。この能力は、「長い・歴史的な・経験にもとづいた発展の結果」である。
    ・図形の概念も同じ。・・「いちばんしんがりに、知力自身の自由な創造物・構想物」「虚量」に到達する。
     ・数学も、人間のもろもろの必要から生まれてきた。 ・しかし、「或る発展段階において」「なにか自立したものとして」「外からやってきた諸法則として現実の世界に対置されるようになる」
     ・「社会と国家とでは、ものごとはこのように進行した」
    ・「あとになってから世界に適用されるのである」  

       そこで、この哲学対話を応用して、以下の問いを考えてみたいと存じます。

    【問1】 虚数 = i  は「人間のもろもろの必要から生まれてきた」のでしょうか?
         「博士の愛した数式」は、Exp(iπ)+ 1 = 0 (オイラーの公式より) ですが・・・  

    【問2】  以下の2つの戯曲の一節にある「計り知れぬ多くのこと」「哲学など思いもよらぬこ                と」は、「人類の無限の進歩的発展のなかで解決されていく」ことを想定したセリフ
              でしょうか?    
             
             ・木下順二『子午線の祀り』    
                     「天と地の間にはな、民部よ、われら人間の頭では計り知れぬ多くのことが
                      あるらしいぞ」     
             
            ・シェイクスピア『ハムレット』(第1幕第5場より、小田島雄志訳)
                「この天と地の間には、ホレーシオ、哲学などの思いもよらぬことがあるのだ」
    哲学のラ・フォンテーヌ|-|-|-|-|by ネコスキイ

    哲学おじさんからの補足

    2009.07.16 Thursday
    0
        以下は、『反デューリング論』の中で、エンゲルスが観念論者デューリングに対する反論していることろを、対話形式でまとめたものです。 
          特に、「世界図式論」で、世界の根源は物資であるというくだりです。
          原文はなかなか難しいので意味がわかるように崩しています。   
          (デ =デューリンク゛、エ =エンゲルス) 


      世界図式論 4-1 世界の根源は物質である
       
      デ 「すべてを包括する存在は、唯一無二である」。だから、存在のほかにはなにもない。

      エ しかし、6行も進まないうちに、存在の唯一無二性を統一性に変えているではないか。つ  まり、存在は思考されるそのとたんに統一的な存在だと思考され、世界概念は分割でき  ない!

      デ そうだ。「彼岸的なものは・・・もう存在する余地がなくなってしまう」

      エ それでは、神も、霊魂の不滅も一掃したことになるのではないか。では、どのように存在  の統一性に到達したのか?
       
      デ 「すべての思考の本質が意識の諸要素を結合しまとめて一つの統一体とした」からなの  だ。

      エ 間違っている。なぜなら、第1に、思考は、意識内の諸対象を分解して諸要素とすること  でもあるからだ。分析がなければ総合もないのだ。また、第2に、思考が要素をまとめて   統一体にできるのは、すでに実在のなかに「まえもって存立した場合」に限るからだ。た   とえば、靴ブラシや哺乳類という質の違った統一体=実在を「統一」できないからだ。

      デ ええい。私のイデオロギーをはっきり言うと「私は存在からはじめる。したがって、存在を  思考する。存在の思想は統一的である。・・したがって、彼岸的なものはない」

      エ そうですか! では、知らざぁ、言って聞かしやしょう。そりゃ、ヘーゲルとやらの思想と同  じだ。熱病病の幻想だ。唯心論者たちは、もっと簡単に言いますよ。「神においては、全   存在は或る統一されたものである」と。

      デ いやいや、それでも「神は存在しない」のだ。なぜなら、概念という枠のなかに一つの存  在がある、存在がもし統一的でなければ概念に照応しないからだ。

      エ 往生際が悪い、 こっけいですよ。「神の現存性の存在論的証明を応用」なんかして、笑   われますよ。「世界の統一性は、世界が存在しているという点にあるのではない」「世界   の現実の統一性は、世界が物質的だという点にある」。つまり、神や絶対理念と自然が   多元的ではなく一元的であり、その「元」は「物質」だということ。人間の前に地球と宇宙  が存在した。これは、「哲学と自然科学との長年の手間ひまかけた発展によって、証明さ  れている」


      4-2 ヘーゲル盗みのヘーゲル知らず

      デ 存在=無のなかから、現在の分化した変化に富んだ世界状態が、発展してくる。 「普遍  的存在という概念を、自己と同一のものであるとしっかり保持する」 のだ。そして、類と   種が、総じて一般と特殊がものの構造を概念把握し、質を区分する手段だ。さらに突き詰  めると、同種のものとしての量という概念に突き当たるのだ。

      エ ヘーゲルのカテゴリー図式の中で哲学している。しかもマルクスがヘーゲルを取り入れ   ていることを「こっけい」とまで言っているが、「こっけい」なのはどちらなのか。   (ちなみに、

      ◆ヘーゲル◆  「存在」からはじまり、「存在は無である」が、存在=無は「生成する」。 その結果、定在、存在の一段高次の形態となる。 その「存在」の質の区分を突き詰めれば量が明らかになり、「測られる」のである。 「度量関係の結節線」において、量から質の転化がはかられる。 それは水が沸点に達したとき蒸気になることで分かる。)
      哲学のラ・フォンテーヌ|-|-|-|-|by ネコスキイ

      関西弁訳「クリトン」

      2009.06.07 Sunday
      0
        先の「ソクラテスの弁明」の続きです。
        クリトンはソクラテスの幼なじみ。
        ソクラテスは裁判での弁明にもかかわらず多数決で、死刑になってしまいました!しかも、全体が600票そこそこなのに31票差で死刑になってしまったのです。 裁判員制度が始まるなか興味ある内容です。DNA鑑定の不正確さで無罪放免になる足利事件もありました!
        ソクラテスも青年をたぶらかしたかどで、死刑になりました!その判断は正しかったのか。「たぶらかされた」青年の中にはプラトンがいました。そのプラトンの弟子はアリストテレスです。彼らの知恵がアラブに引き継がれて、ヨーロッパに帰ったとき、花開きました。その批判がガリレオ・ガリレイだし、ニュートンです。
        クリトンは、死刑にされるな、金を積んだら逃走できると説得します。
        ソクラテスは、国の法律の元に生まれたわけだから、それに従い死刑になるのは筋だと、主張します。
        「他人から危害を加えられた時に、仕返しやっちゅうて危害を加えるんは、正しいことやろか?間違ぉとるか?」
        「正しいやり方で祖国を説得して考えを変えてもらわんとあかん」
        ええこと言(ゆ)うとるやんけ、われ。
        このあと死刑の日が来て、弟子たちに語るくだりが「パイドン」に書かれてます。悪法も法なり!
        それを変えるのが、国民の日々の仕事です。そこに産みの苦しみがあります。
        哲学のラ・フォンテーヌ|-|-|-|-|by ネコスキイ

        関西弁訳「ソクラテスの弁明」

        2009.06.03 Wednesday
        0
          評価:
          プラトン
          パルコ
          ¥ 1,260
          (2009-05-16)
          コメント:出ましたね。最高です。だれかが出版すると思っていましたよ。
          Amazonおすすめ度:
          印象がかなり違ってきますね。
          わたしは誰に対しても一切、わざと不正をはたらいた覚えはありません
          おしゃべりなソクラテスおじさん

          なかなか面白い企画です。関西人には理解が早いと思うのです。
          なぜ、いつも翻訳は標準語なのだろうと思っていました!シェイクスピアで田舎者や身分の低い人間は方言に訳されているのをみると、方言を一段と低いもののように扱っているようです。
          でも、最近では、「ハムレット」を東北弁で演じる劇団も現れています。
          井上ひさし「国語元年」では、国を一つにまとめるために標準語を発明したと分析してましたね。
          この書は紀伊國屋書店の哲学部門に平積みされていたもので、大真面目に「ソクラテス」を語ります。
          アテナイとスパルタとの戦争の歴史のなかで、ソクラテスの弁明を位置付け、「無知の知」、「魂を磨く」などを、裁判に訴えた市民に反論する形で説明します。
          アリストパネスはソクラテスを揶揄する喜劇を書いてますが、ソクラテスはそういうものについては「わたしが書いた喜劇やないので、ほっといても良しとしまひょ」と鷹揚に構えて意に介しません。
          また、政治家と懇談して「あの人もわたしも、お互いに善についても美についても、ようわかってないと思うんやけど、あの人は九割方わかってるっちゅうことでわかった気になってはる。わたしはちょっとでもわからんとこがあるとわかった気にならへん。ちゅうことは、知らんことがあるということを分かってる分だけ、あの人よりもわたしの方が知恵があるっちゅうことになるんとちゃいますか」と考えています。
          なんだか、「チャウチャウ、ちゃうんちゃうん」(チャウチャウと言う中国犬とは違うのではないですか)みたいで面白い出来事ございます。
          この部分は無知の知を説いた一節です。関西弁で言うと、反論がねちっこくなって、さらに人を見下げた感じも加わって、打撃的で素晴らしいですね。
          なぜか?あらぬ嫌疑で死刑にされる裁判の弁明だからです。普通なら却下される表現です。
          しかし、関西弁はそういう意味で大きな権力にたいする反撃の力をもつと思いますよ。
          関西の劇団で上演したらええとおもうんやけど。大爆笑にきまっとるやんか。
          この企画に乾杯!
          (^^)/▽☆▽\(^^)
          ついでに、マルクス・エンゲルスの「共産党宣言」も関西弁で訳して欲しいものです!
          哲学のラ・フォンテーヌ|-|-|-|-|by ネコスキイ

          中国・現代マルクス主義研究所のマ雷助教授

          2009.05.15 Friday
          0
            「マ雷」と書いたのは変換文字がないからです。ニズイにウマと書いてたぶん「マ」と読むと思います。
            彼の論に沿って、時間・空間論を考えて行きましょう。
            グローバリゼーションを考える基礎として、モダニティ=時間、ポストモダニティ=空間と、単純化された歴史についてはすでに述べました!しかし、マ氏はこの二分法には致命的欠陥があると言います。
            一つは、1960年代と1980年代との空間論の扱う対象の差異をおろそかにしたことです。つまり、対象が都市化資本主義からグローバル化した資本主義に移ったことを考慮していないのです。
            二つ目の過ちは、二大大戦間の空間論の展開に対する評価をおろそかにしたことです。すなわち、ル・コルビジュエの建築空間論を軽視したのです。また、ギーディオン、ペヴスナーの都市空間論もあり、パブロ・ピカソの空間意識なども考慮に入っていなかったのです。
            まさに、これらは哲学としては致命的な欠陥でした。
            つづく。
            哲学のラ・フォンテーヌ|-|-|-|-|by ネコスキイ

            政治行為の空間性 21

            2009.05.02 Saturday
            0
              豚インフルエンザが世界を席巻しそうな情勢です。冷静であるためには、グローバリゼーションについての哲学をしっかりしなくてはならないのです。
              100年という世界歴史のスパンを見れば、交通・通信手段の変化によって、哲学の範囲が地球を含む宇宙にまで広がりました。アインシュタインやベルグソンは「時間」というカテゴリーに焦点をあて、モダニズム哲学を産み、空間を縮める前提を準備しました。その結果、「空間」に焦点を当てたポストモダニズムという哲学が生まれました。 これが現在、グローバリゼーションに対応する哲学の歴史的背景となっているのです。
              ミシェル・フーコーやアンリ・ルフェーブルは、哲学の主な対象が時間から空間にシフトしていると予見しました。フーコーは1967年の講演で「当世の時代はもしかすると空間の紀元」と述べ、ルフェーブルは1974年の著書『空間の生産』において「空間はまさに日増しに重要な役割を演じている」と指摘しています。 ここで注意しなければならないのは、フーコーは「歴史は妄想」と言う意味のことを述べ、時間を歴史として把握し、発展の契機としての歴史を捨てていることです。
              さらに、それらを発展・単純化して、ダニエル・ベルは、空間の構造は「20世紀半ばの文化中の主な美学問題となった」と考え、ベルグソン、プルースト、ジョイスは古いとしたのです。そして、フレドリック・ジェームソンは「ポストモダニズムとは空間に関するものであり、モダニズムとは時間に関するものである」と述べ、時間から空間への哲学対象のシフトが明確にされたのです。

              では、なぜそう変わったのか、それは正しいことか、その後はどういう哲学が必要か、について考えて行きましょう。
              哲学のラ・フォンテーヌ|-|-|-|-|by ネコスキイ

              資本のメカニズムと作用を哲学する 20

              2009.04.27 Monday
              0
                貿易、気候、貧困、正義、核兵器などのグローバルな問題が生じています。
                タイ政治の混迷、マダガスカルの政争、ソマリア派兵、スーダンの内戦、コンゴ・ザイールのたたかい、アメリカの貧困、中国のワンダー・ワンダー、ツバルの水没、日本の教育、南米の活気、北朝鮮のひがみ、フランス移民問題、プーチンのロシア、インドネシアのアチェ問題、台湾独立問題、日本の鯨漁……。
                これらに哲学的な対応が迫られているとすれば、その根源の解明が大切です。人、モノ、カネ、サービス、情報が24時間動く、その原動力の本源は人間の欲望です。その欲望を生じさせているのは、人格をもった資本家や労働者ではなく資本です。利益をあげるという以外の目的がない「カオナシ」です。「カオナシ」は宮崎駿のアニメ「千と千尋の神隠し」に出てきたお化けで、食べては排出するだけのヒト型オバケです。石川啄木の「一握の砂」が搾取を短歌で表したのに対し、このアニメは資本主義の本質を活写してます。
                この資本というシステムを哲学することが、現代のグローバリゼーション問題を解決することになります。
                ふと、思い浮かんだのはメンデレーエフの元素周期律表と元素の効率的産出国を重ね合わせれば、新しい地図ができます。これをもとに、資本の動きを数字として表現できます。
                哲学のラ・フォンテーヌ|-|-|-|-|by ネコスキイ

                時代が要求する哲学とは? 19

                2009.04.24 Friday
                0
                  時代が要求する哲学は主に4つあります。ヾ超問題、貧困の問題、精神の問題、ぅ哀蹇璽丱螢次璽轡腑鵑量簑蠅任后
                  実は、´↓は根源は同じです。,隆超問題は、すべての古代文明が環境破壊で滅んだという規模ではなく、地球規模での大量消費システムにあります。それが市場です。市場は競争の場です。勝利者と敗北者が生まれます。敗北の責任は市場が自由平等であるかゆえに自己にあるとされます。ここに△良郎ぬ簑蠅生じます。そして単なる歯車になり自分が他者と違う存在になることが許されなくなるところにの精神問題が生じます。匿名性が強いられ、それはインターネットの書き込み、中傷に象徴的に現れます。
                  ゆえに、´↓は根源は同じです。それは市場システムにあります。そして、それがグローバルになっているゆえに、マルクスの追求した資本主義の分析、資本の運動法則の精緻化は現代的意義があります。
                  人、モノ、カネの大量移動、資本の輸出はグローバルになりましたが、搾取による富の偏在はますます激しくなっています。それは資本主義の必然であり、勝利のために戦争をも辞さないのです。クラウゼヴッツの言うように、戦争は政治なのですから、それは政治によって止めることもできるのです。
                  グローバリゼーションはアメリカナイゼーションではありません。しかし、目的が同義に解釈くされることが多いのです。
                  哲学のラ・フォンテーヌ|-|-|-|-|by ネコスキイ

                  哲学は地球を救うか? 18

                  2009.04.18 Saturday
                  0

                    「愛は地球を救う」という日本テレビの慈善番組をもじって、この題をつけました。若い頃、私もビンに詰めた一円玉をもって行ったことがあります。
                    でも、それは愛だったのか?お金ですよね。お金を出す原動力としての愛でした!では、もともとお金がないなら、愛があってもお金が出せないです。また、お金があったホリエモンは愛があっても出してないはずです。資本は慈善や愛を原動力として動かないのです。利潤という獲物がないなら動かないのです。障害者やお年寄りには、利潤獲得の血のしたたりとして慈善が存在するのです。
                    過剰労働者としての派遣、期間工には血のしたたりとしての慈善の恩恵がありません。何故なら、すべてを吸い取った出し殻であり、利潤そのもののぬけがらだからです。
                    さて、では、哲学が世界を救うか?という問いに対して、答えはイエスです。さまざまな哲学の可能性にたいする批判があります。認識論は大脳生理学であり哲学の入る余地がない! 部外者がわからないジャーゴンを弄んでいるだけだ!最終的な根拠付けが無限後退か断言になりギリシャ懐疑論と同じ!言葉の使用方法を変えれば問題は無くなる!などであります。
                    しかし、今求められているのは、“刃世魎架討垢覘個別科学として取り組まれている問題を哲学として行う、E学の最終的な根拠の存在を認める、ということです。
                    その上で、新たに出現した領域での哲学の可能性が存在します。その領域がグローバリゼーションです。これは経済、政治、文化、戦争・平和などを含んでいるため、哲学が対象とする領域です。

                    よって、哲学が世界を救う可能性があります。

                    哲学のラ・フォンテーヌ|-|-|-|-|by ネコスキイ

                    哲学の定義と批判 17

                    2009.04.17 Friday
                    0
                      関東学院大学の杉田正樹氏は、哲学を2点で定義します。〇代の要求する問いを解こうとする、∋象の本質を明らかにしようとするものです。プラトンの「意識は何ものかについての意識である」という言い回しをもじって言えば、「哲学は何ものかについての哲学的思考である」ということです。つまり「思考すること」が「哲学する」ことではありますが、その対象は事象の存在理由だってことです。枝葉末節や「プラトニック・セックス」や「情欲の方法」を考えることとは違うのです。
                      これまで偶然と考えてきたなかに、ある法則をみつけ、それを自然科学、社会科学、あるいは運命、ロゴスと名付けてきました。マーフィーの「法則」や六星人、各種占いも、ある部分は規則性があるか、経験則でもあるので信じやすいのですが、決定的に科学と違うのは何故そうなるのかを解明していない点です。 その解明こそ科学であります。すると、哲学の居場所が無くなりそうですね。哲学はその科学も包含したインクルーシブな思考だと思います。このブログの物理のカテゴリーでもとりあげた素粒子論でも、宇宙は何故非対称なのかと問うことのなかに、粒子の実体を想定する場合は、物理分野であり、その思考回路は哲学だと思います。
                      さて、こういう哲学に何ができるのでしょうか?つづく。
                      哲学のラ・フォンテーヌ|-|-|-|-|by ネコスキイ
                       
                      Others
                      プロフィール サイト内検索
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>
                      新しい記事 アーカイブ
                      カテゴリ
                      リンク モバイル
                      qrcode
                      オススメ
                      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1)
                      人権宣言集 (岩波文庫 白 1-1) (JUGEMレビュー »)

                      何事も原典にあたること。マグナ・カルタから始まります。ヴァージニア憲法には、常備軍の危険性を主張しています!!
                      オススメ
                      ジュエルズ(スペシャル・エディション)
                      ジュエルズ(スペシャル・エディション) (JUGEMレビュー »)
                      クイーン
                      宇宙戦艦ヤマトを描いた松本零士氏絶賛の「ボヘミアン・ラプソディ」は、今も力をもつ。
                      オススメ Others ムームードメイン
                          

                      ページの先頭へ